このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年7月中途入社

大道 賢人

東日本事業部 東京支店 営業1課
大学卒業後、新卒で人材会社に入社し、約1年間営業として勤務する。その後総務省主催の地域おこし協力隊メンバーとして北海道にて3年間活動。任期満了後、転職活動を経て株式会社大洋工芸へ入社。現在は、東京支社にて営業職として活躍中。
東日本事業部 東京支店 営業1課/大道 賢人
モノを売るための仕組みについて知りたいと思い入社。

モノを売るための仕組みについて知りたいと思い入社。

前職では総務省が主催する地域おこし協力隊のメンバーとして、3年間北海道で活動しました。そのときに「いいものはあるけど売れない」という状況を見て、モノが売れる仕組みはどうなっているんだろうと思ったんです。任期満了後は、モノを売るための仕組みについてもっと深く追求したいという気持ちを軸に、転職活動を行いました。転職エージェントから当社を紹介され、話を聞いているうちに「自分の力になるな」と感じ、入社を決めました。
直近の目標は一人で全部任せてもらえるようになること。

直近の目標は一人で全部任せてもらえるようになること。

東京支店の営業部には、百貨店様や企画会社様への什器レンタルを行う1課と、有名ブランド様などの空間演出を行う2課があります。入社後は、1ケ月ずつそれぞれの課で研修を受けたあと2課に配属され、その後1課に異動しました。営業の主な仕事内容は、お客様からいただいた発注内容をもとに自社倉庫に在庫を確認し、価格交渉をして貸し出しを行うこと。展示会ごとの什器の入れ替えをしたり、人が足りない現場にヘルプに入ったりすることもあります。基本的には既存のお客様がメインですが、新規のお客様の開拓も平行して行っています。今は大手百貨店様の案件を上司と一緒に担当中。直近の目標を「一人で全部任せてもらえるようになること」と定め、頑張っています。
出来上がった現場に立ち会う瞬間は最高の気持ち。

出来上がった現場に立ち会う瞬間は最高の気持ち。

印象に残っているのは、ホワイトデーの現場ですね。まずはお客様からいただいたイメージを具現化して図面を作り、プレゼンをするところからスタート。「それでやります」となったあとは、デザイン部隊の方々と相談しながら細かいところをひとつひとつ練り上げ図面に落とし込み、お客様と一緒に打合せをする...ということを繰り返して、どんどん抽象度を具体化させていきました。その仕事の進め方がすごく印象的で。最初はふわっとしているイメージを、時間をかけてカタチにしていく。最終的に現場で出来上がりに立ち会ったときは「やったな!」という気持ちになりました。お客様から「ありがとうございます」と言っていただいたときは、ありがたいし嬉しいですね。
風通しが良く裁量が大きいところが当社の魅力。

風通しが良く裁量が大きいところが当社の魅力。

当社は社員同士が仲のいい会社です。また風通しが良く、個人の裁量が大きいところが魅力だと思います。40代の経験豊富な先輩が多くいる東京支店の営業課。まだ経験の浅い私が言ったことでも、それを新しい意見のひとつとして捉え、アドバイスをくれたり、課のミーティングで話を出してくれたりするので、思ったことを言いやすい環境です。実際にやる・やらないは別にしても、検討してもらえるだけでチームの一員になれていると感じられるので、非常にありがたいですね。仕事上夜遅くなるときもあるのですが、深夜勤務になる場合は昼から出社できるようにシフト制を導入し、長時間労働にならない仕組みを会社が用意してくれているので、働きやすいと感じています。
◎最後に応募者へのメッセージをお願いします!

◎最後に応募者へのメッセージをお願いします!

当社の営業には「やってみようかな」という発想の方や、固定観念を持たず何事にも興味を持てる好奇心旺盛な方が向いていると思います。専門用語など会社の方との共通言語を覚えることと、知識だけではなく実際に色々な現場の経験を積むことが大事です。自分自身の理解度がどれくらいかを上司に理解してもらえるように自分から伝えていく姿勢や、分からないことがあれば自分から聞く姿勢があれば、きちんと教えてもらえる環境ですよ。私自身全く何も知らない状態から入社しましたが、上司が色々な現場に連れて行ってくれたり、その時に出た質問には逐一答えてくれたりしながら、しっかりと教えてもらっています。楽しく働ける職場ですので、ぜひご応募ください!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

法人営業に関連する求人票を見る