このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月新卒入社

上田 直明

東京事業部 東京デザイン室
専門学校では空間デザインを専攻。卒業後、新卒入社として株式会社大洋工芸へ入社。現在は東京事業部 東京デザイン室にて、デザイナーとして活躍中。
東京事業部 東京デザイン室/上田 直明

アパレル店舗の空間デザインをするために入社。

学生時代からもともと服が好きで、服屋さんへよく足を運んでました。専門学校では空間デザインを学んでいたので「アパレル店舗の設計に携わりたい!」と思っていました。そんなとき当社の求人を発見。「アパレル業界に強い空間デザインの会社なんだ~」と知り、興味を持ちました。会社訪問のときに、有名な大手百貨店やスーパーブランド、商業施設も手掛けていると聞き、さらに志望度がアップ。「ここなら自分のやりたいことが実現できる!」と確信し、入社を決意しました。採用してもらったときは、目標へ着実に一歩踏み出せたようでとても嬉しかったですね!
自分のペースで着実に成長できる。

自分のペースで着実に成長できる。

専門学校では空間デザインやCADなど基本的なことは学んでいましたが、業務になるとまだまだ学ぶことがたくさんありました。入社して間もない頃は、先輩社員から丁寧に基礎から教えていただきました。入社して4年。いま振り返ってみて「ありがたかったな」と思うことは、自分のペースで成長させてもらえたこと。一歩一歩できることから丁寧に任せてもらえ、大きな負担やプレッシャーのない良い環境で学ばせてもらえました。そんな風に入社して3年ほどは先輩のアシスタントとして経験を積み、3年目から実際に企業を担当。いまでは入社当時の思いが叶い、アパレルの新店舗や期間限定ショップの内装デザイン・設計を担当することもでき、やりがいのある日々を過ごしています!

空間デザイナーを目指すなら最適な環境。

「設計図面の見やすさ」は何よりも意識して取り組んでいます。内装デザインや図面に詳しくない方でも、見て感覚的に理解できるよう心がけています。なぜなら提案後に手元に残る図面が企画書代わりになり、受注に大きく影響するからです。特にコンペのときは、そこが強みになるので意識しています。当社のデザイナーには「設計図面の見やすさ」を求める風土もあり、それを学べる環境が整っている点は入社してよかったなと思う理由のひとつ。研修や教育体制も充実しており、空間デザイナーとして成長できる会社です!
新店舗オープンは心から感動する瞬間。

新店舗オープンは心から感動する瞬間。

正直…新店舗が完成するまでの過程は大変です。でもオープンしたときは、心から嬉しく大きな達成感ややりがいを感じられる仕事ですね。やっぱり嬉しいのはクライアント様が喜んでくれること。そのクライアント様が次回もお願いしてくれると自分の仕事が認められたようで、モチベーションに繋っています。また、働きやすい点も当社の魅力。有給を取って嫌な顔をされるようなことは全くありません。土日祝は休みなので趣味のドライブでしっかりリフレッシュしています!

◎最後に応募者へのメッセージをお願いします!

新しい環境に入る前はどうしても「人間関係」や「仕事」に不安があると思います。でも当社は風通しも良く、困ったときは相談もできる上司もいる会社なので、その点は大丈夫です!明るく、優しい人が多いので安心してご応募ください。僕も新卒で入社し、右も左もわからないままの状況でしたが、丁寧に教えてくれたおかげで、いまではお客様とのやり取りから、新店舗のオープンまで担当できるようになりました。一人前の空間デザイナーになれる土壌があります。ぜひ一緒に働きましょう!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

他の求人票を見る